フィラリア予防

フィラリアとは、心臓に寄生する体長10〜30cmにもなるそうめん状の虫です。蚊によって媒介され、寄生すると心臓、肝臓、腎臓、肺など多くの臓器に異常をきたし、食欲不振、体重減少、咳、貧血、腹水などさまざまな症状をあらわします。犬・猫・フェレットともに感染します。

【予防法】
蚊から感染した幼虫が心臓にたどり着くまでの間に薬で駆除します。(正確にいうと、「予防薬」ではなく「駆虫薬」です。)幼虫に薬が効くのは感染後1ヶ月あまりなので、毎年5月から12月初旬まで毎月1回投薬します。室内飼いの子でも散歩の際に蚊に刺されることがありますので、予防が必要です。

【注意点】
フィラリアが寄生しているのに予防薬を投与すると副作用を起こすことがあります。毎年春に血液検査で寄生の有無を調べてから投薬を始めます。