ノミ・ダニ予防

気温の上昇に伴い、ノミ、マダニ、蚊などの吸血する虫が増えてきます。これらの虫は動物にとって不快で、ノミ・ダニなどの外部寄生虫に刺されたところは炎症を起こすだけでなく、他の病気の原因やアレルギーを引き起こしたりしますので予防がとても大切です。

【ノミアレルギー性皮膚炎】
ノミの寄生が原因で起こるアレルギーで、激しい痒みを伴います。飼い主さんにも感染して皮膚炎を起こすこともあります。

【瓜実条虫】
虫体の一部が切り離されて犬猫の糞便とともに排泄される消化管寄生虫で、一見米粒状にみえます。条虫の卵をノミの幼虫が食べ、ノミの成長に伴って瓜実条虫の幼虫も感染力をもつまでに成長します。瓜実条虫はヒトにも感染しますので、ノミのいない環境をつくることが大切です。

【バベシア症】
マダニが吸血する際に感染する原虫で、赤血球に侵入し破壊します。感染すると重度の貧血を起こします。

【予防法】
ノミ・ダニが感染するのは夏だけではありません。暖かい室内では冬でもノミは繁殖しますし、野外がまだ寒いうちでもマダニがいることもあります。スポットタイプの予防薬をつけておけば、ノミやダニが身体に付いても吸血や繁殖は防げます。1〜2ヶ月に1度、定期的に投薬してあげましょう。